FC2ブログ
個別記事の管理2014-04-28 (Mon)
IMG_0490.jpg

我が家のシミがいつから住み着いているのか、種類などは不明だけれども
10年くらい前には既に押し入れ付近や和室にはいた模様。

自身が自宅でシミを見つけたのは去年の8月後半。
和室の近くの階段でクロスを垂直によじ登っていた。
その後、9月までに和室内で2匹を追加で捕獲したが、その部屋ではそれ以降見かけていない。
糞もあまり見かけないので、一ヶ所にまとまっているわけではないかもしれない。
(畳の交換時に出てきたという話も聞いたので、一度畳を剥がしてみたい気もする)
スクリュー管にティッシュとボーロを詰めてそこへ3匹とも入れる。


最初に捕獲した個体が捕獲後すぐに脱皮。
多分捕まえるのに接触しすぎたのが原因じゃないかな~
時期じゃない脱皮だったせいか、ちょっと端っこが欠けたものの10月1日までに再び脱皮し再生。
ただ、最初に使っていた入れ物が明るすぎて、触覚や尾角などの齧り合いが激化する。
今のケースに引越し。乾燥が気になったらスポンジに給水して入れる。
給水している時以外は餌は入れっぱなし。
最初の脱皮で模様と毛がはっきりして、種類が特定。
大きくなると尻尾がより反りかえる気がする。なんかかわいい。
というか、(体と対比して)尻尾と触覚が長くなる気がするけど気のせいだろうか…;


11月に入って外気温が20度を下回る日が増えてきた。
ちょっと食べる量が減ってきたのか、糞の量が変わった気がする。
12月頃からストーブを入れて(室温が15~21度を行き来する)風も当たらない部屋の端っこに安置。
縮む前に、細っそりしてきたらちょっと水をスポンジに含ませて湿度の調整。
1月は最低気温が0度になる日がちらほら出てきたが、室温はほぼ変わらず。

大体一つ所で3匹まとまって過ごすが、一番小さかった個体のみ単体で離れてることも多い。
糞はあまり増えないが、1月にも2月にも誰かが脱皮したのを確認できた。
3月も脱皮はしていたけれど、体のサイズが揃い始めて見分けがほぼ付かなくなる。
1匹だけ離れているのが多分小さかった個体かな~とは思う。


4月に入ってから明け方にウロウロ徘徊している姿を見かけるようになった。
かなり大きくなったけれど、産卵管は見えない。
糞が増える。
活動も活発になって掃除の時に引越しさせようとすると猛ダッシュで脱走されそうになる。

そして今日、屋外南側のベランダにある室外機と外壁の間に置いた木材から同種のシミが見つかる。
室外機は冬のあいだ未使用でその近くのどこにも熱源は無し。
植木を入れた簡易温室と室外機が日光は遮れている。
体のサイズ的に、そこで越冬したものと思われるのだけれど・・・
ほぼ雨ざらしで屋外で、さらに気温も0度になる日があったり、直射ではないものの室内よりはるかに明るい場所で増えるんだな~としみじみ思いながら目に付いた個体を回収して回る。
元々いた個体と混ぜても特に混乱もなし。
合計15匹になる。
早速1匹やや小さいのが脱皮した。
欠損は見られない。
4mmくらいの小さいのはちょっと色が薄いというかオークルっぽい色。
やっぱり触覚とか短い。もしかして千切れてるんだろうか・・・
しばらく様子見を続けてみる。
スポンサーサイト



* Category : 昆虫
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-08-26 (Mon)
simy.jpg
自宅で捕獲。
全体的にほっそりしていて、模様もはっきりしないしちょっと私には同定できない状態でした。


ティッシュと乳ボーロの欠片を入れて置いてみたのだけれど食べないし何だかしおらしい;
駄目かな~とか思っていた矢先に
脱皮した。

IMG_0082ss.jpg
脱皮した皮食べるのな。
IMG_0079ff.jpg
ボーロもかじってた。

脱皮して少し色が濃くなったように思う。
不明瞭だった模様がくっきり
toukouyou.jpg
1枚目の写真みたいに真上から見ると…
私には縦ラインには見えなかったのです;

前から見ると見えたんだけど、見えるだけかもと思っておりましたが
実際そういう模様だったのか。
よかった。

今はきれいな縦ラインが見えるのでセスジシミで間違いないかなと、おもっています。
脱皮ついでに住処の改造をしたのですが、ボーロの近くから動かない。。。

もうちょっと捕まえたら増えないかな~…
* Category : 昆虫
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-06-05 (Wed)
作りかけも翅が地味に崩壊して
どう修正するか、作り直すかでちょっと揺れている今日この頃。。。


先日、奈良まで行った時の写真とか見れた者の整理にございます。
前ほどカメラを使っていないせいか
パワーショット便利だけどまだ手に馴染んでない感が否めません…

ピンボケ何枚もありますが、物が判別出来たらいいや~ってことで
気にせずのっけてます。
IMG_1059.jpg IMG_1060.jpg IMG_1117.jpg
当日、待ち合わせをするために近くの川沿いを移動。
初っ端アカシジミに出くわす。(1枚目
あぁ…遠い;
しかも他所のお宅からはみ出た枝にとまるとか網も振れない。。。

なによりも、まだ住宅街なのに飛んでるとか…吃驚。
何かの気の迷いか何かで降りてきたのかな~とか思っていると

上に辿りついた時点で
「あ…また飛んでる」
変なとこにとまってる。(2枚目
場所を移動しても、また飛んでる。とまったところをもう1枚撮った。
今年は数多いのかな…

IMG_1062.jpg IMG_1063.jpg IMG_1066.jpg
ススキ、セイタカアワダチソウ群にて。
この面々はじっとしていてくれるので写真が撮りやすくてうれしい。

IMG_1067.jpg IMG_1069.jpg IMG_1068.jpg
その脇の、ウツギ・クズの茂み
すぐ近くにスイカズラも咲いていたけれど、そちらにはほとんど何も来ていなかった。
そのブロック内に一瞬、この木なに?と思うくらい食い荒らされたタラノキが…

この辺りで、マイマイさんの多さに気付き始めた。
そういえば、今気付いたのだけれど…
あれだけ生えてたアカメガシワ見てない。
気付けないくらい食い荒らされていたのか…;

IMG_1076.jpg IMG_1116.jpg IMG_1080.jpg IMG_1096.jpg
ベッコウの飛び方が楽しかった。しかし撮りにくいので一時スクリュー管に監禁。
シリアゲムシ。なんでかお嬢さんしか見つけられず。。。
オスいるよ~って聞いて見に行ったけど、自分では見つけられなかったとか…orz
チャタテも何だかあちこちで群れていた。
そして、この幼虫は一体何だろうか…

IMG_1106.jpg IMG_1109.jpg IMG_1120.jpg
画像よりも肉眼で見た方がガの存在感がなかった…
擬態ってうまく出来てるなぁとしみじみ思う。
この幼虫も木肌そっくりな感じだったんだけれども
残念なことに君がとまっているのは池の周りの手すりなんだよな…
そりゃもう、清々しいまでにまる見えです。
ガードレールをよじ登るカメノコ。
この時間帯には雲行きが怪しくなってきており、フラッシュをたかないと綺麗に撮れない状態
絵的になんか眩しくなってしまった;


そして、今回私的に一番ショッキングな1枚
IMG_1114.jpg
一般的な藤棚です。
花の時期にはクマバチとかいろいろ来てた藤棚の葉が軸だけになっていた。
主脈1本を残し複葉部分が全滅。。。
なんだこれ…

そこに辿りつくまでも、クヌギなどの背の高い木の下で毛虫爆撃くらったりなんだりはあったものの
ここまではっきり見える位置で酷いのは結構響いた。
食い尽した犯人たちは樹を降りてあちこちに散っていた。

IMG_1108.jpg
樹の幹や手すりの側面などで干からびている毛虫達。
最初は何らかの病原菌が原因かなと思っていたのだけれど
毛虫の脚の生えているあたり、やや下から大きな蛆が脱出していた。
いいね、頑張れ。
他にもたくさん干からびた毛虫を見たけれど、コマユ系のはあんまり見てないような…
いたら欲しかった…
コマユは幼虫が脱出してくるさまがなかなか壮観で、人によってはダメかもしれないな~と。
カマキリの孵化よりも見ようによっては気持ち悪い。

IMG_1113.jpg IMG_1074.jpg
脱出してきた蛆ときっと似通ったハエ。
単体で見ても大きいしゴツいので結構迫力がある。。。
写真でもいいから脱出してきた幼虫、蛹、成虫を並べられたら素敵よな~…
と思いながら、未だにウジの写真を撮りそこなったのを後悔…


最後の写真は、相当ピンボケどころか「どこに焦点合わせてんだよ」状態ですが
実は中央にこっそりクロカタビロオサムシらしきものがチラっとだけ写ってたりします。

ノイバラについていた毛虫をほとんど地面につつき落してから自分もそれを追って地面へダイブ。
多分、狩りなのかな~と。。。自信ないけど;
最初は画面に映っている範囲内に8匹毛虫がいたのですが、よじ登ってきた黒い御仁が
ニャッキ達に華麗にビンタを決めて落としていく。
こういう雰囲気の甲虫が、割とツルっとした緑色の植物上を歩いている光景を何だか珍しく感じてしまう。
しかも動きが荒くて、しっかり足場確保できているとは言い難い状態にもかかわらず、そこそこ速く縦横無尽に移動していく。

大量発生が落ち着くまで、しばらくこういう光景が広がることになるのか…
ちょっと…微妙な気分になる。

そして、落ち着くまで植物どれくらい生き残るかな…;


すごくどうでもいいんだけど、グーグルでオサムシを調べようとしたら「おさむ」で予測変換が「攻殻機動隊」ばかり出てくるのは何故なんだろうか;
* Category : 昆虫
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-06-02 (Sun)
声をかけていただいたので、ちょっと奈良まで散策に行っておりました



一番の感想が「毛虫多すぎ…;」以外に出てこない。
右も左も上も下も樹皮もアスファルトも側溝にも毛虫、毛虫、毛虫、毛虫。

マイマイさんもう少し手加減してください;
大量発生するにしても限度があるだろうに…
思い出しただけでなんだか、おぞ気がするくらい;

雨がぱらついてるのかと思ったら、毛虫の爆撃で地面がこころなし赤茶っぽかったり
本体が落下してきていたり…
明らかに腹面からアスファルトに落ちてきた個体が、
プールの授業で飛び込み失敗した生徒みたいに、伸びたままじっとしてたり。。。
背中から落ちるより多少衝撃強いんだろうな…;



植え込みや、藤棚、その他たくさんの樹木が枝と葉柄だけになってるという。。。
上に食べ物がなくなってきたせいなのか
下草にまで移動してきてるとか…絶対踏んでる。

ただ、その密度で毛虫がいたおかげで
蛆が毛虫から脱出してきている現場を見ることが出来て幸せw
飼ってる毛虫から、蛆が湧いて来たり蜂が出てくると腹立たしいのですが
これだけ大量にわいているのを見ていると、グッジョブ!とふと思ってしまう。
そして他の捕食者もう少し頑張って;;;



ほかにもいろいろ見たはずなのに毛虫のインパクトが強すぎて;
写真を整理して、後日ちゃんと書こう。うん、そうしよう。。。


そして今、もう一つ言えるのは…
虫さされが熱持ってて、徐々に痒くなってきてちょっとイヤーな感じです
ムヒどこだろうか…;
* Category : 昆虫
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-05-26 (Sun)
虫分がちょっと不足中です。。。

なのでベランダでちょっとだけ摂取。
IMG_1011.jpg IMG_1034.jpg
網戸に張り付いていた子。
撮ってる最中に顔面に激突。。。
触角が可愛らしい

IMG_1018.jpg IMG_1017.jpg
朝はハエも動きが遅いし、あまり飛びまわらないので撮りやすい
コンデジでも余裕があるって素晴らしい。

IMG_1024.jpg
珍しくユキノシタに何かついてるな~とおもったらマミーが…
IMG_1028.jpg
中身はもういなかった…
残念;

IMG_1032.jpg
アーモンドに大量にわいていたアブラムシ。
オルトランさまさまな状態になってます。
なんか薬ってすごいな~…;
* Category : 昆虫
* Comment : (0) * Trackback : (0) |