FC2ブログ
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-11-30 (Wed)
ニセセマル
幼い頃、カーペットの敷かれた室内を歩いていたこの虫を見たとき…

海外のパニックホラー(「Ticks」…大型の吸血性のダニであるマダニ類の意)を思い出した。
(当時父親がよくこういうビデオを借りてきていた)
人間の頭くらいありそうな巨大なダニの出てくる映画で、当時の私には結構インパクトがあり…

特に、自身が喘息持ちであり結構苦しんできたためか、アレルゲンであるダニの映画は(モデルの種類もサイズも違うけれど)凄く怖かった。。。


気持ち悪く思った当時の私は、ティッシュでくるんで指で潰そうと…あれ…潰れない?
ぐっと体重をかける。普通の虫ならもう潰れている。
確認すると、元気である。
下が絨毯だから、もっと力入れないとだめかな?
かける。かける。更にかける。

…………ぷちっ

生々しい感触。それから十数年間、私のトラウマになり続けましたとさ…


時は流れ、今から3年前へ。

マダニ←山で食らいついてきたマダニ
この頃には、虫嫌いだった幼女はどこにもおらず…
ただただ、ある種の変人に育った私が学内の野山を徘徊しておりました。





挙句、ここまでダニの話をしておきながら、最初の写真はダニではないという。
後輩の女子の中には「クモ」だという子もいたけれど…

赤いボディから延びるスラリとした6本脚。長い触角。固い外角。大きな複眼。租借する顎。
昆虫です、しかもカブトムシとかカナブンとかと同じオーダーの。

いやぁ…学生になってからよくよく見ると…以外と可愛い?
いや、結構かっこいいじゃないの! こう、キコキコとカラクリじみた動きとか、ボディの高さとか
なんで嫌いだったんだろう?

ちなみに、この人は
ニセセマルヒョウホンムシ というようで。
粉屋や住宅、関係なく割と見かけます。ネズミとも関係あるような?
よく、他所へお邪魔した時にでも受け皿がたの電球カバーに落ちて死んでいたりするのを見かけます。


この虫のお勧め観賞方法

蛍光灯の灯りにやや透かすようにして持ち、見つめます(ぇ
光を反射して金色に輝く脚と触角、透けて赤く見える上翅。
本当に見事です!

ちなみに、プックリしたなりですが腹部分は意外と…ニセセマル
スレンダーです(笑)

見つけたら是非お試しあれ~(^^
スポンサーサイト
* Category : 昆虫
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。