FC2ブログ
個別記事の管理2012-04-05 (Thu)
昨日日記を書いてからほんの半時間後…

風が強くなってきたかな~と思っていると
ベランダの波板がすっ飛んで行きました。。。

隣との路地に落ち、ことなきを得たものの…
裏の家の車や人にぶつからなくて良かった。
もしそうなっていたらと思うと本当にぞっとする。。。

まぁ、書く言う私もよそのお宅の波板がすぐ目の前に落ちてきて相当ビビりましたが。

ハトは何時も風に流されているけれど、昨日はカラスですらきりもみ状態だった
雲も凄く走っていたし、暴風で自宅が揺れていた…
台風よりも前準備が出来てなかった分、エグかった気がする。

なんだか…ニュースも凄いことになってましたね。。。
せめて自分の周囲の人間だけでも、怪我をしてないことを祈ります;





話が急に変わりますが

一昨日の話ですが、箕面の昆虫館まで行ってました。
展示がずいぶん変わったとの話を聞いて見学でした。


近畿3館の中で、箕面の昆虫館は一番小ぢんまりしています。
山の昆虫館 ←ここ
里の昆虫館 橿原
街の昆虫館 伊丹

それぞれにいいところはあるものの、同じ方向性で勝負するには
やはり設備の古さや規模的に押し負けてるんだな~というのが箕面の印象ではあります。

それ以上に…以前に比べて生体の展示自体が減ったなというのが感想です。
飼育に回っている人が少ないとは聞いていたものの、他の今いるスタッフの大半が芸大のひとなんだとか。
こだわり持った飼育人を飼う余裕はもうないというか、その土俵の勝負はもうしないらしい。

代わりに文化・芸術方面で特化していく方針のようで
展示物の出来栄えはよくなっていると思います。
各ド箱の中の展示は虫が得意でなくても、親しみやすい可愛らしい雰囲気に仕上がっていました。

客層も滝の観光に来た人がついでによる感じなので、それでいいんじゃないかと思う。
昆虫館でありながら、昆虫はなんだか余り求められてない。
ふらっと立ち寄って、上面だけ見て、面白かったね~たまにはいいね~って。
そういうニーズに合った進化をしていくんだろうな~…
虫に詳しいスタッフもほとんど残っていないし、下手すると昆虫館でなくてもいい気すらする。
行くとこまで行っちゃったら、もういっそ画廊とか展示会場にしちゃえよと。
標本は結構きれいだと思ったけど。

生体が見たい方・昆虫館に行きたい方は、他の館に行くことをお勧めする。。。
放蝶園も、今飼育担当している方がリタイアしたら閉鎖するかもしれないんだとか。
前入っていた業者が抜けてから、種類も減った。
…見た目はすっきりした。
館に見合ったこじんまりした印象でいいと思う。
ただ、あの面積で放蝶園閉鎖とかしたらもったいない。というか、集客力なくなりそうで怖い。

時代の移り変わりで、館も変化していくけれど…
箕面公園って、他の館に比べるとまわりの環境(徒歩アクセス的な意味も込めて)悪くないわけだし
もろに滝道だけど生物結構いるんだし…


どこが企画してたとか忘れたけれど、せめて、夏の夕方からの採集体験みたいなのとかは
人数的にきついかもしれないけれど、止めないでいてほしいと切に願うばかりです。。。
なくしてしまうには惜しい。
スポンサーサイト



* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する